眠れない夜を終わらせる医療機関での親身な診察

医者

工夫点や注意点

男性

東京の心療内科を利用する際は、初回に患者の心身の状態を聞き投薬で治療を進めていくため、カウンセリングなどで心の悩みを聞いてもらうことが良いです。また、相性が合う医師との治療が回復への近道なので、相性を考え受診をする必要があります。

»もっと見る

ニートと呼ばれる人たち

男性

ひきこもりを解決するためには社会性を取り戻し、自尊心の回復をはかることなどが必要です。インターネットなどによる娯楽や、匿名のコミュニケーションに依存することなく、まずは心療内科を尋ねることも大切です。

»もっと見る

言葉だけではわからない

医者

カウンセリングにおいては言葉は重要なコミュニケーションをとる道具となっています。ですが心の感情をうまく言葉にできない人や、違った言葉をいう人も出てきます。言葉を通して言葉にしきれない感情を明確化するのもカウンセリングの仕事の一つで名古屋でも多くのカウンセラーが頑張っています。

»もっと見る

睡眠障害の症状と対策

原因究明がまずは先です。眠れない時の改善方法はたくさんありますが、その原因をはっきり探すことは非常に大切ですよ。

名古屋でカウンセリングを受けて、今抱えている悩みをすっきりと解消させませんか?どんなことでも話してみてください。

睡眠障害とは何か

男性

眠りたいのに眠れないという人が最近増えてきています。それは睡眠障害です。睡眠障害には入眠障害・熟眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・過眠症など色々なタイプがあります。その中で眠れないタイプは基本的に入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒の3つです。ベッドに入ってもなかなか眠れない場合は入眠障害の可能性があります。一般的な方はベッドに入って10〜15分と言われており、毎回 寝るのに30分以上かかる人は入眠障害かもしれません。中途覚醒は夜中に何度も目が覚めてしまうことです。最後に早朝覚醒とは起きる時間より何時間も朝早くに目が覚めてしまい再び眠ろうとしても眠りにつくことができない状態のことを言います。このような状態が1ヶ月以上続くようなら注意が必要です。

睡眠障害の原因と対策

眠れない睡眠障害の原因は、仕事・ストレス・悩み事など様々です。他にも寝る前にテレビ・パソコン・最近ではスマートフォンを使っていたり、覚醒作用のあるカフェインを多く含むコーヒーを寝る前に摂りすぎたり、生活のリズムの乱れが原因として考えられます。対策・改善はどうすればいいか。入眠障害の人は、夜遅くの食事を避けましょう。中途覚醒や早朝覚醒の人は、寝室を眠りやすい環境にするように心がけると良いです。他にはアルコールを摂取するとよく眠れると聞きますが、デメリットとして眠りを浅くしてしまう作用もあるので人によっては逆効果になります。また運動不足も睡眠障害の原因になるので適度な運動をし、毎日 朝日を浴び体内時計をリセットしリラックスすることが大切です。

深い眠りは心と体の疲れを癒やすためにも必要です。不眠症でお悩みの方はサプリメントを使用してみると良いでしょう。

Copyright©2015 眠れない夜を終わらせる医療機関での親身な診察 All Rights Reserved.